ダイヤ買取店とダイヤのカラット数

気になるダイヤモンド買取の事

ダイヤモンド買取店に行ってきました

気になるダイヤモンド買取の事メインimage

ダイヤ買取店とダイヤのカラット数

友人がダイヤ買取店に行くというので、一緒に行ってきました。

友人は、ダイヤモンドネックレスや指輪、ピアスなどかなりたくさんアクセサリーを持っています。

それというのもすべて生んでくれた母からプレゼントされたものだそうです。

友人が育った家庭環境はとても複雑で、生みのお母さんと育てのお母さん2人がいるという環境で育ちました。

生んでくれたお母さんは、ジュエリデザイナーとして世界各地で仕事をしています。

彼女が生まれてからも子育てをベビーシッターにまかせ、自分は仕事をする日が続き、結局離婚してしまったそうです。

特に育児放棄というわけではなく、子供を連れて世界で仕事を続けるというわけにもいかず、彼女のお母さんにとっては苦渋の選択だったことでしょう。

そんな環境でやはり幸せが家庭は実現しなかったのですね。

離婚してからも、生みのお母さんは、友人に自分がデザインしたダイヤモンドジュエリーやブランドジュエリーなどをプレゼントしてくれていたそうです。

一度彼女のお父さんが断ったのですが、これだけはさせてほしい、ということなのだそうです。

友人にとって生みのお母さんは、いつもきれいに着飾っているという意外、あまり印象にないようです。

お母さんからプレゼントされたダイヤモンドリングなどの指輪やジュエリーをダイヤ買取店で買い取ってもらい、それで車を購入する費用にあてたい、と話していました。

事前にダイヤ買取店のサイトで、ダイヤモンドジュエリー買取相場やその他のジュエリーの買取価格、買取相場をチェックし、査定額が高いジュエリーカミネのような高価買取をしてくれるお店を調べていたようです。

また自分が持っているダイヤモンドのカラット数なども調べていたようです。

ダイヤモンドはカラット数によって決まると思っていましたが、その他にも透明度や色などもあるのだそうです。

宝飾品の鑑定書や鑑別書があると、買取に有利になるということで、しっかりと事前に準備していたようです。

友人は、あまりアクセサリーをつける人ではなく、たぶんお母さんからプレゼントされたという宝飾品は、ほとんどつけず、キズなどもなくほぼ新品の状態のようです。

ダイヤ買取店では、ほとんどのお店で無料査定しているのですね。

友人と一緒に行ったダイヤ買取店でも、無料査定、出張査定もしている、というポスターが貼られていました。

店内の査定カウンターは、全部で3席ありましたが、そのうちの2席は使われていました。

人気のあるダイヤ買取店なのだ、と思いました。

お店の査定担当者の方は、40代くらいの女性で、とても笑顔が優しそうな方だったので、友人も安心したようです。

Google
www を検索 気になるダイヤモンド買取の事を検索
(C) avito.org. All Rights Reserved.