横浜市の不用品回収業者に依頼してトラブルになったことは?

横浜の不用品回収業者に限らず、相談者の質問にあるような被害相談は全国で起こっています。

実態について認識を深め、トラブル防止に役立てましょう。

▼混在させた不用品回収などありえない。

横浜市だけの話ではありませんが、回収物となるゴミには、一般廃棄物、産業廃棄物などがあり、たとえば一般廃棄物の許可証を有していても産業廃棄物の許可を有していなければ、1つの同じ業者が同時に2種類のゴミを回収して回ることはできません。

厳密にいえば建築廃材などは別のゴミ区分となるので「一式まとめて」ということ自体がおかしな話です。

▼その場の回収費用を安く見せかける手口。

たとえば横浜市には不用品回収の苦情の中に、以下のような内容のものが寄せられています。

『一式格安!といううたい文句につられて不用品回収業者に依頼したが、たしかに回収自体はそれなりに納得できる値段だったが、あとから処理費用として法外な額の請求書が別の名前の不用品回収社から複数届いた』というものです。

関連記事≫【住まいの処方銭】粗大ゴミを車で回っていた廃品回収業者に依頼したら…法外請求のナゼ – 経済・マネー – ZAKZAK

回収費用と処理費用を別々に解釈し、業者をゴミの種類ごとに分けて請求させる手口です。

▼不用品回収の業界では、難解な専門用語を多用して法律の網を潜り抜ける悪質な事例が多発しています。

依頼する客の“少しでも安く”という心理に付け込んだ巧妙な手口の不用品回収業者が横行しています。

事が済んでしまうと違法取り締まりもしにくい、法律のプロが加担している場合があります。

ご注意ください。