解明しよう!千葉 葬儀で困ったら

葬儀参列者の方の送迎は、人数によって「タクシー」の利用や「貸切バス」を検討することをおすすめします。

千葉県在住です。コロナ禍で葬儀を行う事に不安を抱いています。

コロナ禍に配慮した様々な葬送の様式が話題となっています。

◆少人数での「家族葬」や通夜なしの「一日葬」が中心に

コロナ禍の中での新しい葬儀の形を、葬儀社各社が提案しています。

家族と親しい親族のみで執り行う「小人数での家族葬」や一日で執り行う「一日葬」が中心となっています。

「除菌」や、「三密を避ける」などの対策を徹底していたとしても、やはり「絶対に感染しない」とは言い切れません。

出来るだけ感染リスクを減らした「新しい葬儀の形」が生まれています。

◎関連サイト…告別式と火葬を1日で執り行なう「一日葬」が増加、コロナ禍が葬儀業界に与えた影響|@DIME アットダイム

◆コロナ禍の影響で「後日葬儀」や「自宅葬」も話題に

コロナ禍や自然災害など、葬儀を自粛せざるを得ない状況下で話題となったのが、「後日葬儀(後日葬)」。

火葬のみを行い、事態が収束したのちに葬儀を執り行うことで、感染リスクを避けるための様式です。

また、自宅で葬儀を執り行う「自宅葬」も「ステイホーム葬」として注目を浴びています。

◆僧侶の読経をスマートフォン等で配信する葬送サービスも

三密を避けるための新たな試みとして、僧侶の読経を配信するサービスも誕生しています。

家族葬や一日葬を執り行う際、式に直接参列されていない方でも、スマートフォンやパソコンから読経を聞くことが出来ます。

誰にでも同じお経が使われるわけではなく、故人の方の俗名や戒名が入った専用のお経がその都度読まれるとのこと。

宗派や希望の声色など、細やかな配慮が感じられるサービスだと言えます。

感染リスクが減らすために、少人数での葬儀での読経サービスもご検討されてはいかがでしょうか。

Comments are currently closed.