不用品回収の区別が不明。横浜市の不用品回収では別々に出すべき?

横浜市では不用品回収に関する種別について、家庭用と事業系に分けて細かく規定しています。

罰則もあります。

概要を記述しておきましょう。

▼事業系の産業廃棄物と一般系の廃棄物に大別?

横浜市では、廃棄物について事業系の産業廃棄物と一般廃棄物に大別しています。

リサイクル品とはその両方にまたがるもので、家電製品やパソコン、椅子・机などのリサイクル可能なもので不用品回収ができる範囲のものを指します。

横浜市では不用品回収の効率化と財政の負担軽減を推進する目的で、市の職員が回収するゴミと指定業者に回収させる不用品回収ごみの2通りに分けています。

▼区分けは複雑!最終的には横浜市のホームページで。

不用品回収の区分けは横浜に限らずどこの自治体でも個別に決められており、最終的には不用品回収を依頼する本人が、当該する市のホームページで確認するしかありません。

複雑なのでここでは説明しきれません。

また横浜市では不用品回収業者への罰則などのほか、ゴミ出しをした個人にも罰則強化が行われています。

面倒でも確認して依頼しましょう。

▼横浜市でもどこの自治体でも不用品回収の依頼(ゴミ出し)は別々です。

「おまとめ回収業者」がサイト上にありますがご注意ください。

おまとめ回収業者に依頼すれば、区分けに関係なく一式をもっていってくれますが、それが不法投棄の温床になっています。

関連記事 >URL:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0811/21/news088.html

また利用者には、格安回収と称していながら、処理費用は別と言って別途請求されるケースが増えています。